サンドニ リユニオン オープン(International Challenge)

標記大会に日本選手が出場します。開催地はアフリカ東部の沖にあるマダガスカル島のさらに東にあるフランス領の小さな島国です。さらにその東にモーリシャス島があるので、アフリカでバドミントンの盛んなモーリシャス、ウガンダ、そして地理的に近いインドの選手が中心の大会になりますが、ヨーロッパ勢もパラパラと参加しています。

組合せ等についてはこちらをご覧ください。

女子ダブルスの大竹・高橋ペアは協会の派遣リストに載っていないので、おそらく基準が緩和された自費参加になると思います。このペアが国際大会に出場するのは2年半前のエストニア・インターナショナル以来です。この時はベスト4に終わっていますが、今回のメンバーではシード1位のドイツペアが目標になりそうです。ここはすんなり優勝してパリ・ロサンセルスへの足掛かりを築いておきたいものです。現在、大竹・高橋ペアのランキングは681位ですが、ここで優勝すると一気に280位相当まであがってきます。
女子シングルス 水井選手は2大会カナダのRachel Chan選手に敗れて決勝に進めていませんでしたが、今大会はチャンスです。大家選手も同じですね。郡司選手はベスト8で水井選手と対戦することになりそうですが、勝ったほうが決勝まで行きそうです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。