アジア団体選手権 準決勝(日本女子棄権) グループリーグ

BadPalさんが、日本女子棄権とツイートしています。 

正式発表 

残念ですが、明地選手以外はスロバキアオープンに向かうので(マレーシアで合宿)鋭気を養ってください。

準決勝

日本(予想) インドネシア(予想)
1S 仁平菜月 TUNJUNG Gregoria Mariska
2S 郡司莉子  WARDANI Putri Kusuma
3S 明地陽菜  WIDJAJA Stephanie
1D 廣上瑠依・加藤佑奈 KUSUMA Febriana Dwipuji・PRATIWI Amalia Cahaya
2D 仁平菜月・郡司莉子 MARWAH Nita Violina・MAYASARI Lanny Tria

1S 仁平選手はジュニア時代にTUNJUNG選手と対戦してその時は1-2で敗れています。
日本選手のTUNJUNG選手との対戦成績ですが
2021 高橋沙也加選手 2-1 川上紗恵奈選手 0-2 山口茜選手 2-0
2020 山口茜選手   2-0 2-1です。
仁平選手キャプテンとして頑張りどころですね。
2S 郡司莉子選手が2019年のジュニア世界選手権で優勝したときに、準々決勝でWARDANI選手と対戦して21-12,21-12で勝利しています。また
昨年優勝したベルギーオープンでWARDANI選手はベスト8どまりです。郡司選手が思い切り戦えば勝つと思います。
3S 明地陽菜選手とWIDJAJA選手の直接対戦はありません。
日本選手のWIDJAJA選手との対戦成績ですが
2020 中静朱里選手 0-2 水津愛美選手 2-1(2020ドイツジュニア決勝で対戦)
2019 漆崎真子選手 2-0 高橋美優選手 2-0
明地陽菜選手十分勝算はあります。

1D ダブルスの戦力比較は難しいですが
日本ペアの対戦成績は
2021 志田千陽・松山奈未 2-0
2019 宮崎淳美・内山智尋 1-2
インドネシアペア17日の試合では韓国のBAEK Ha Na・SEONG Seung Yeonペアに20-22、19-21と競っており廣上・加藤ペアも骨を折りそうで
す。
2D 仁平選手の女子ダブルスは見たことがなくて、youtubeで高校時代の試合を見たら上手ですね。(さすが富岡高校)相手ペアの情報が少なくてわかりに
くいですが、順当に勝つのではないでしょうか。

対インド戦結果

日本 インド
1S 仁平菜月 2 21-13
18-21
21-15
1 KASHYAP Aakarshi
2S 郡司莉子 1 17-21
21-10
19-21
2 CHALIHA Ashmita
3S 明地陽菜 2 21-12
21-16
0 SHAH Tara
1D 廣上瑠依・加藤佑奈 2 21-15
21-16
0 GUPTA Khushi・ SINGHI Simran
2D 仁平菜月・郡司莉子 2 21-10
21-15
0 RADHAKRISHNAN Arul Bala・VALLUVAN Nila

 

対インド戦予想

対マレーシア戦、ヤング・ジャパンはよく戦いました。第2ダブルス本来は明地・田口ペアで臨むところを明地・郡司の急造ペアになり練習時間もあまりとれなかったと思うし、郡司選手も軸足はシングルスなので。廣上・加藤ペアも正直ここまで粘るとは思ってなかったので驚きました。

明日は対インド戦、日本、インドがマレーシア戦と同じメンバーで臨むとすると下記のようになります。

 

1S 仁平菜月 VS KASHYAP Aakarshi
2S 郡司莉子 VS CHALIHA Ashmita
3S 明地陽菜 VS SHAH Tara
1D 廣上瑠依・加藤佑奈 VS GUPTA Khushi・RIZA Mehreen
2D 明地陽菜・郡司莉子 VS RADHAKRISHNAN Arul Bala・VALLUVAN Nila

1S、3S、1Dは勝算がたって、2Sは接戦になるけど勝てそうという感じでしょうか。

2月15日 1試合目

日本は2-3でマレーシアに敗れました。
第2ダブルス  明地・郡司ペア 0-2で敗れました。
第2ダブルス  明地・郡司ペア第1ゲーム12-21でとられました。
試合は第2ダブルスに持ち越されました。明地・郡司ペアは臆せず思いっきりプレーしてほしいです。
第1ダブルス  廣上・加藤ペア2ゲームも粘りましたが、0-2で惜しい敗戦でした。ただ十分戦えることが証明されました。
第1ダブルス  廣上・加藤ペア粘りに粘りましたが、第1ゲーム22-24で惜しくも落としました。
第3シングルス 明地選手第2ゲーム最後まで粘りましたが20-22で落としました。今度はダブルスを勝ち取ろう。
第3シングルス 明地選手第1ゲーム16-21で落としました。まだまだこれからです。
第2シングルス 郡司選手2-0で勝利しました。ここまでは想定内。明地選手がシングルスで一気に勝負をつけるかです。
第2シングルス 郡司選手第11ゲーム 21-17でとりました。
第1シングルス 仁平選手 2-0で勝利しました。
第1シングルス 仁平選手第1ゲーム 21-12でとりました。

日本 2 3 マレーシア
1S 仁平菜月 2 21-12
21-16
0 KISONA Selvaduray
2S 郡司莉子 2 21-17
21-7
0 EOON Qi Xuan
3S 明地陽菜 0 16-21
20-22
2 Siti NURSHUHAINI
1D 廣上瑠依・加藤佑奈 0 22-24
18-21
2 Valeree SIOW・Pearly TAN
2D 明地陽菜・郡司莉子 0 12-21
5-21
2 Anna Ching Yik CHEONG・TEOH Mei Xing

ダブルスは少し難しい試合になりそうですが(Pearly TANがでてるし・・・)、明地陽菜選手が持ち前の負けん気を出してくれれば団体戦勝利は狙えると思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。