第30回全国小学生バドミントン選手権大会 組合せ発表

12月27日から福島県で開催される全国小学生バドミントン選手権大会の組合せが発表されています。

組合せ

小学6年生以下女子シングルス
昨年中止となった全小の代わりに開催された、「日本小学生バドミントンフェスティバル INくまがや」(出場を辞退した県もあるので完全な代替大会ではないですが)の5年生以下女子シングルスのベスト4にはいった、阿波芽衣咲選手(優勝)、原口倖歩選手(準優勝)、小林佳依選手(3位)、中沢莉子選手(3位)がそのままトーナメント表の4隅に入っています。先月開催された「ジュニアバドミントンフェスティバル INさいたま(ABCカップ代替大会)」では、優勝、準優勝は同じですが、3位に中沢莉子選手とU13代表の芳賀凜歩選手がはいっています。U13代表では、松戸海選手、渡邉柚乃選手、上野優寿選手、 安村紗来選手もいますし、皆川恵茉選手も気になるところです。

今日5日のミライモンスターで原口選手がとりあげられています。亡くなられた大高先生に直前指導を受けていたようです。霊前に優勝報告ができればいいですね。

小学5年生以下女子シングルス
やはり「日本小学生バドミントンフェスティバル INくまがや」の4年生以下女子シングルスのベスト4にはいった、田沢めいな選手(優勝)、板橋ゆい選手(準優勝)、高田万智選手(3位)に、U13代表の杉野芙夏選手、吉田奈未選手、永森百々花選手、河村珠莉奈選手、畠山来夢選手、沖本愛音選手が中心になりそうです。

小学4年生以下女子シングルス
先月開催された「ジュニアバドミントンフェスティバル INさいたま(ABCカップ代替大会)」のBグループのベスト4にはいった、東谷悠吹選手(優勝)、髙木洵奈選手(準優勝)、池内美音選手(3位)、後藤那月選手(3位)がそのままトーナメント表の4隅にはいっています。東谷選手が現青森山田中学の東谷悠妃選手の妹さんなら姉妹優勝をめざすことになります。池内選手は私の地元のクラブ(西神ジュニア:柏原みき選手が所属していた)に属していて応援しています。

 

小学6年生以下女子ダブルス
「日本小学生バドミントンフェスティバル INくまがや」5年生以下女子ダブルスで上位に入った、薗田優奈・渡邉杏梨ペア(優勝)、吉野羽都希・梅澤唯花ペア(準優勝)、馬場結渚・横路昊和ペア(3位)がトーナメント表の4隅にはいり、もう1隅に小黒咲良・長谷川美羽ペアが入っています。

小学5年生以下女子ダブルス
「日本小学生バドミントンフェスティバル INくまがや」5年生以下女子ダブルスで優勝した眞泉果央・近藤愛未ペアと準優勝の益満小蘭・水原七菜ペアがトーナメント表の左上隅と、右下隅に入っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。