バドミントンS/Jリーグ2021スペシャルマッチin愛知

S/Jリーグの前哨戦です。男子6チーム、女子4チーム(東海興業、ACT SAIKYO、ヨネックス、豊田通商)が参集しての大会です。
ACT SAIKYOは加藤美幸・柏原みきペアが2勝しています。好調をキープしているようです。ヨネックスは高橋明日香選手と杉山明日香選手がペアを組んでダブルスに出場しています。佐藤冴香選手は水津愛美選手を2-0でくだしていますが、第2ゲームは27-25までいってますね。今年のS/Jリーグで言えば一番年齢差の大きい対戦カードになりますが、佐藤選手は貫録をみせ、水津選手はよく食らいついたということですね。

大会サイト(結果ものっています)

下段に選手紹介のリンクがあります。そこで内定選手入りのメンバー表が見れます。豊田通商で櫻井彩貴選手(明治大学)と鈴木ゆうき選手(早稲田大学)が内定になっています。東海興業の関矢芽紅選手が内定となっているのが少し?ですが。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。