関東学生バドミントン春季リーグ5日目

筑波大学が優勝を飾りました。おめでとうございます。

 

最終結果です

順位表です

最優秀選手には、筑波大学の染谷菜々美選手が選ばれています。シングルス4勝1敗、ダブルス3勝1敗の成績でした。
最優秀新人賞は、法政大学の内田美羽選手が受賞しました。

最も成績が良かったのは、明治大学の上杉杏選手で、シングルス5勝0敗、ダブルス4勝1敗でした。
全勝したのは、
筑波大学 栗原あかり選手 シングルス4勝0敗、ダブルス2勝0敗
佐川智香選手  シングルス4勝0敗

1年生で成績が良かったのは
法政大学 内田美羽選手  シングルス4勝1敗 です。

注 すべて調べていませんので暫定です。

 

 

筑波大学 5 ー 0 法政大学

 

第1シングルス  佐川智香(筑波)       〇 22-20 21-19      三輪朋香(法政)

第2シングルス  栗原あかり(筑波)      〇 10-21 21-16 21-16    内田美羽(法政)

第1ダブルス   溝口なつめ・染谷菜々美(筑波)〇 21-12 26-24         山口萌・森優紗(法政)

第2ダブルス   大石悠生・長廻真知(筑波)  〇 22-20 21-11      海老原香澄・宮澪里(法政)

第3シングルス  染谷菜々美(筑波)      〇 21-16 21-10         櫻井理瑚(法政)

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。