第49回全国高等学校選抜バドミントン大会 女子団体戦

準々決勝の組み合わせ

ふたば未来学園高校 VS 埼玉栄高校
倉敷中央高校    VS 四天王寺高校
園田学園高校    VS 柳井商工高校
とわの森三愛高校  VS 青森山田高校

とわの森三愛高校 平元さや選手や小原陽夏選手の実力は認めていましたがチーム力も高かったということでした。佐賀女子か皇學館かと思っていましたが失礼しました。埼玉栄高校は富山国際大学附属高校との激戦を制してのベスト8進出です。第3シングルス 倉島美咲選手(埼玉栄高校)と中出すみれ選手(富山国際大付属)はファイナルゲーム24-22で倉島選手が押しきりました。手に汗握る熱戦だったと思います。ふたば未来学園高校は諫早商業に3-2で、四天王寺高校は作新学院に3-2と競り勝っての進出でした。園田学園は『2020 ALL JAPAN Badminton高校選抜大会 Win back ~大切なものを取り戻そう~』で九州国際大学附属高校と対戦し、その時は0-3で負けていましたが雪辱を果たしてのベスト8進出です。準々決勝で対戦する柳井商工高校とはやはり同じ大会で0-3で敗れていますが雪辱なるでしょうか・・・
準々決勝では倉敷中央高校と四天王寺高校の対戦が面白そうです。ダブルスを1-1で分けたら、中原鈴選手、吉川天乃選手、志知夕里菜選手(倉敷中央)と古根川美桜選手、木山琉聖選手、岩城杏奈選手(四天王寺)の対戦組合せ次第でどちらが勝つかわからないような気がします。

 

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。