ヨネックス タイ・オープン決勝

中国と日本の参加しない大会ですが、想定内の結果だったではないでしょうか。女子シングルスはMarin選手と、TAI Tzu Ying選手の力が少し抜けて、日本選手にとっても難しい相手になりそうです。女子ダブルスは韓国勢が決勝に残ってこなかったのが意外でしたが、コロナの間に日本勢を追い抜いたペアはなさそうです。後は中国選手ですね。デンマークオープンにもでていなかったのでどれくらいのレベルにあるのか不気味です。

 

混合ダブルス

Dechapol PUAVARANUKROH・Sapsiree TAERATTANACHAI(タイ) 2 ー 1   Praveen JORDAN・Melati Daeva OKTAVIANTI(インドネシア)

中国ペアがいないため、世界ランキング最上位3位のタイペアと4位のインドネシアペアの対戦。
1ゲーム インドネシアペアがミス連発の凡ゲーム。
2ゲーム 中盤まで優位に進めていたインドネシアペだがミス(低い球をネットにかける)でもつれあう終盤もかろうじて22-20でゲーム奪取。ファイナルに。
3ゲーム いいゲームになったが、17-17からタイペアが引き離しにかかり21-18で試合を決める。

優勝 Dechapol PUAVARANUKROH・Sapsiree TAERATTANACHAIペア(タイ)

表彰式 メダルやトロフィーは手渡しではなく、台の上において選手がそれを自分でとる方式。

 

男子ダブルス

GOH V Shem・TAN Wee Kiong (マレーシア) 1 - 2 LEE Yang ・ WANG Chi-Lin(台湾)

優勝 LEE Yang ・ WANG Chi-Linペア(台湾)

 

女子ダブルス

Jongkolphan KITITHARAKUL・Rawinda PRAJONGJAI(タイ) 0 - 2 Greysia POLII ・ Apriyani RAHAYU(インドネシア)

1ゲーム お互い攻撃をしかけず長いラリーの応酬が続いたが、前衛,後衛の形ができたインドネシアペアが先取。
2ゲーム インドネシアペアが積極的に前に出て、序盤からリードを奪い、低空戦も制して圧倒。

優勝 Greysia POLII ・ Apriyani RAHAYUペア(インドネシア)

 

女子シングルス

TAI Tzu Ying(台湾) 0 - 2 Carolina MARIN (スペイン)

Marin選手の動きが早かったですね。TAI Tzu Yingは自分のバドミントンができず、正確なシャトルコントロールも狂ってしまった感じです。

優勝 Carolina MARIN 選手(スペイン)

 

男子シングルス

Viktor AXELSEN(デンマーク) 2 -0 NG Ka Long Angus(香港)

優勝 Viktor AXELSEN選手(デンマーク)

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。