全日本社会人バドミントン選手権大会2019 女子ダブルス

昨年8~9月に福岡で開催された社会人選手権大会女子ダブルスの結果(R32以降)です。

全日本社会人2019 女子D

優勝はヨネックスの與猶くるみ・宮浦玲奈です。長年ペアを組んでいた福万選手の移籍に伴い與猶選手は宮浦選手とペアを組んでの出場でしたが、見事な優勝でした。與猶選手は2015年に福万選手とのペアでも優勝しています。準優勝ペアですが、齊藤夏選手の加入によりペアを組んだように見えますが、もともとは埼玉栄高校の先輩後輩の間柄、1年間はダブッています。息もぴったりでペア結成半年で成果をだしました。山陰合同銀行に移籍した福万選手ですが、横山恵里香選手をフォローして準々決勝まで進出したのも見事だと思います。

動画(SMASH and NET.TVさんへのリンクです)

R16 岸田 洋子/桶田 彩乃(鳥取) vs 中西 貴映/岩永 鈴(東京)
QF 荒木 茜羽/今井 莉子(岐阜) vs 加藤 美幸/柏原 みき(山口)
QF 川島 美南/齋藤 夏(山口) vs 福万 尚子/横山 恵里香(島根)
F  與猶 くるみ/宮浦 玲奈(東京) vs 川島 美南/齋藤 夏(山口)

 

社会人選手権大会女子ダブルス 歴代優勝ペア

全日本社会人歴代優勝者(女子D)

2000年以降では小椋久美子・潮田玲子ペア、高橋礼華・松友美佐紀ペア、志田千陽・松山奈未ペアが2連覇しています。高橋礼華・松友美佐紀ペアは優勝3回。1900年代には、米倉よし子・徳田敦子ペアの5連覇とか陣内貴美子・森久子ペア、宮村愛子・宮村亜貴子ペアの3連覇という記録があります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。