2019若葉カップ全国小学生バドミントン大会 若葉カップベスト4(1996年以降)

2019若葉カップ全国小学生バドミントン大会

成績は

第35回若葉カップ全国小学生バドミントン大会2019(R16以降)

全記録はこちらからどうぞ。

小学生の大会の中では唯一、所属するクラブの団体戦となる若葉カップ。昨年は、神尾朱里選手を擁する小平ジュニア(東京)が2年連続3回目の優勝を飾りました。

 

本来なら7月に開催される予定であった2020の大会。最近は関東勢が強いですが、昨年5年生以下の選手が多かった、岡垣ジュニア(福岡)、桜川Jr.バドミントンクラブ(茨城)、志木ジュニアバドミントンクラブ(埼玉)、広幡バドキッズ(静岡)、ハリーアップジュニア(愛知)、北島Bambi(徳島)が有力かなと思っていました。

 

若葉カップ1996年以降のベスト4

第1回からの優勝回数は
1 香川スクール(香川)  7回
2 高田倶楽部(奈良)   6回
3 小平ジュニア(東京)  3回
4 瓜破西SSC(大阪)   2回
4 橿原ジュニア(奈良)  2回
4 藍住エンジェル(徳島) 2回
4 チャレンジャー(埼玉) 2回  となっています。

香川スクールは香川県では歴史のあるクラブで、私の知っている選手では岩田新菜選手、平井亜紀選手、吉川真白選手などが在籍していました。
高田倶楽部は大和高田市にあるクラブで、水井ひらり選手の母親の水井妃佐子選手やその妹の水井泰子選手が在籍していましたが、若葉カップが始まる頃には中学生になっていたと思います。

日本バドミントン協会に記録が残っている1996年以降のベスト4をまとめると以下の表のようになります。ずっと京都府で開催されることもあって当初は西日本のチームが上位にはいっていましたが、2005年あたりから東日本のチームが上位を占めるようになってきています。

表の説明

①2002年と2004年は記録がありませんが、2002年の優勝は橿原ジュニア、2004年の優勝は大府ジュニアです。大府ジュニアは峰歩美選手や與猶くるみ選手がいた時代ですね。
②下段に掲載している選手は、準決勝、決勝にエントリーされた選手のうちで、BWFの選手登録があるという基準でピックアップしました。ほかにも有力な選手がエントリーしています。例えば、皇徳寺ジュニアが強かった頃は、牟田香菜子選手や園田絵里奈選手がチームにいました。瓜破西SSCが連続優勝したときは、徳岡美礼、徳岡梨々香姉妹もチームにいたので、この時は本当に強かっただろうなと思います。

優勝 準優勝 3位 3位
1996
第12回
塩竈ジュニア(宮城) 北九州ジュニア(福岡) 永井クラブ(岡山) 岐阜ジュニア(岐阜)
平山優⑤ 浅原さゆり⑤ 脇田侑⑥、後藤舞⑥、林裕佳⑥
1997
第13回
永井クラブ(岡山) 北九州ジュニア(福岡) 矢上小学校クラブ(長崎) 香川スクール(香川)
浅原さゆり⑥ 樽野恵③   藤澤美佑紀⑥
1998
第14回
香川スクール(香川) 岐阜ジュニア(岐阜) 坂本スポーツ少年団(滋賀) 北九州ジュニア(福岡)
    垣岩令佳③ 樽野恵④
1999
第15回
香川スクール(香川) 広島ジュニア(広島) 藍住エンジェル(徳島) 北九州ジュニア(福岡)
前田園美⑥ 樽野恵⑤、栗原文音④
2000
第16回
香川スクール(香川) 岩名ジュニア(千葉) 坂本スポーツ少年団(滋賀) 婦中ジュニア(富山)
大日方美弥子⑤ 垣岩令佳⑤  
2001
第17回
藍住エンジェル(徳島) 橿原ジュニア(奈良) 三重ジュニアクラブ(三重) 坂本倶楽部(滋賀)
松友美佐紀④ 北はるな⑤、高橋礼華⑤、
髙橋沙也加③
垣岩令佳⑥、浦谷夏未③
2003
第19回
藍住エンジェル(徳島) 橿原ジュニア(奈良) 坂本倶楽部(滋賀) 皇徳寺ジュニア(鹿児島)
松友美佐紀⑥,水口愛梨⑥ 髙橋沙也加③、山本紗椰⑥ 浦谷夏未⑤、河崎綾佳⑥  
2005
第21回
出羽バドミンタン(埼玉) 吹田ジュニアコンドル(大阪) 東光小少年団(北海道) 小平ジュニア(東京)
三木江里子⑥、渡邉あかね⑤ 宮原唯⑥   早田紗希⑤
2006
第22回
吹田コンドル(大阪) 塩竈ジュニア(宮城) 出羽バドミンタン(埼玉) 皇徳寺ジュニア(鹿児島)
松田蒼⑤ 川島里羅④、渡邉あかね⑥  
2007
第23回
皇徳寺スポーツ少年団(鹿児島) 塩竈ジュニア(宮城) 春日部白翔(埼玉) 東光小少年団(北海道)
中村優里⑤ 荒木茜羽⑤、荒木萌恵④、
宮浦玲奈⑥
 
2008
第24回
チャレンジャー(埼玉) 皇徳寺スポーツ少年団(鹿児島) フェニックス(広島) 東光小少年団(北海道)
川島里羅⑥ 中村優里⑥
2009
第25回
チャレンジャー(埼玉) ミッキーズ(岡山) 大垣北BBS(岐阜) 岡垣ジュニア(福岡)
  香山未帆⑤、金田明香里⑤ 田島優乃華⑥、松山奈未⑤
2010
第26回
広島安佐ジュニア(広島) 鳩ケ谷ウイングス(埼玉) 大垣北BBS(岐阜) 小野Jr.バドミントンクラブ(新潟)
上杉杏④、上杉夏美⑥、
小田菜摘⑥
川島美南⑥、齋藤夏④ 韮澤美羽④、永井瀬雰⑤
2011
第27回
瓜破西SSC(大阪) 鳩ケ谷ウイングス(埼玉) 長岡京市バドミントンスポーツ少年団(京都) 小野Jr.バドミントンクラブ(新潟)
福本真恵七⑤,小野美晴④、
明地七海⑤
鈴木陽向④、齋藤夏⑤ 貴田真望子⑥、貴田那菜子④、
増永美夢⑥
韮澤美羽⑤、永井瀬雰⑥
2012
第28回
瓜破西SSC(大阪) 小野Jr.バドミントンクラブ(新潟) 東少年スポーツ団(茨城) 長岡京市バドミントンスポーツ少年団(京都)
福本真恵七⑥,小野美晴⑤、
明地七海⑥、明地陽菜②
韮澤美羽⑥ 佐川智香⑥ 日下亜実⑥,貴田那菜子⑤
2013
第29回
小平ジュニア(東京) 岡垣ジュニア(福岡) 鳩ケ谷ウイングス(埼玉) 橿原ジュニア(奈良)
宮崎淳美⑥ 内山智尋⑥ 鈴木陽向⑥
2014
第30回
橿原ジュニア(奈良) 大垣北BBS(岐阜) ハリーアップ(愛知) 広幡バドキッズ(静岡)
志知夕里菜④ 久湊菜々⑤
2015
第31回
市原ジュニア(千葉) 蓮田サウス(埼玉) ミッキーズ(岡山) たなしMAXJr.(東京)
八角真帆⑥、秋庭夢来⑥ 堀小雪④ 大澤陽奈⑥、玉木亜弥③
石川心菜⑤
2016
第32回
ミッキーズ(岡山) たなしMAXJr.(東京) T-Jump(愛知) 大垣北BBS(岐阜)
堀小雪⑤ 石川心菜⑥、玉木亜弥④ 中林瑞貴⑥ 志知夕里菜⑥
2017
第33回
鶴ヶ島(埼玉) 小平ジュニア(東京) 宇都宮中央Jr.(栃木) 瓜破西SSC(大阪)
山北奈緒⑥、山北眞緒⑤ 宮崎友花⑤
2018
第34回
小平ジュニア(東京) 瓜破西SSC(大阪) 長岡京市バドミントンスポーツ少年団(京都) 師勝ジュニア(愛知)
宮崎友花⑥
2019
第35回
小平ジュニア(東京) 桜川Jr.(茨城) PEACE(岡山) 所沢ジュニア(埼玉)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。