アジア団体選手権決勝 (過去の対戦成績)

韓国との対戦になりました。オーダーが公表されているので対戦成績を調べました。

日本 対戦成績
( )は2018~20
韓国
WS1 山口茜 1-2
(1-2)
AN Se Young
WD1 福島由紀
廣田彩花
5-1
(5-1)
Seo Hee LEE
SHIN Seung Chan
WS2 高橋沙也加 1-4
(0-1)
SUNG Ji Hyun
WD2 志田千陽
松山奈未
0-1
(0-1)
KIM So Yeong
KONG Hee Yong
WS3 大堀彩 2-0
(1-0)
KIM Ga Eun

山口茜選手は先月のタイマスターズでAn選手を破ったばかりです。高橋沙也加選手は2014、15年にSung選手と対戦して負け越していますが、団体戦では底力を発揮する高橋選手に期待できます。志田・松山ペアは昨年のバルセロナマスターズで対戦していますが、ファイナルゲーム17-21で競り負けていて実力差はランキングの差ほどないと思いますが。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。