アジア団体選手権 準々決勝戦力比較

日本の準々決勝の相手はインドネシアに決まりました。

日本の対戦相手が決める、タイとインドネシアの試合は見所がありましたね。
第1シングルス インドネシアのTUNJUNG選手がとってインドネシアペースかなと思いましたが、第1ダブルス タイのKITITHARAKUL・PRAJONGJAIペアがISTARANI・RAHAYUペアを破ってイーブンに戻しました。インドネシアはPOLLI選手を休ませたかったのだと思いますが、調子が狂った気がします。
第2シングルスは タイのCHOCHUWONG選手が奪うも、第2ダブルスをインドネシアがとって、最後第3シングルスで決着がつくことに。
タイはジュニアのPhittayaporn CHAIWAN選手に1位通過をかけ、見事に勝ち切りました。CHAIWAN選手は昨年の世界ジュニア選手権では準決勝で郡司莉子選手に敗れましたが、11月のSyed Modi ではシニアの選手に勝ち進み決勝でマリン選手とあたるなど力をつけているもうすぐ19歳になる選手です。第2シングルスのCHOCHUWONG選手も20歳そこそこの若い選手でタイは若手が力をつけています。日本でいえば郡司選手にそのような痺れる局面で試合をさせたい半面、そういう局面にはなってほしくないという複雑な心境ですね。

 

準々決勝 インドネシアとの比較です。

日本 インドネシア
シングルス
山口茜 3 89,230 Gregoria Mariska TUNJUNG 24 44,000
高橋沙也加 11 54,717 Ruselli HARTAWAN 37 34,220
大堀彩 19 47,694 Choirunnisa CHOIRUNNISA 96 18,010
郡司莉子 191 7,440 WARDANI, Putri Kusuma 273 4,280
ダブルス
永原和可那
松本麻佑
2 93,233 Greysia POLII
Apriyani RAHAYU
8 71,705
福島由紀
廣田彩夏
3 91,452 Siti Fadia Silva RAMADHANTI
Ribka SUGIARTO
37 29,560
志田千陽
松山奈未
11 58,720 Ni Ketut Mahadewi ISTARANI
Tania Oktaviani KUSUMAH
62 20,640

WARDANI, Putri Kusuma選手も昨年の世界ジュニア選手権の準々決勝で郡司選手に敗れていますがインドネシアインターナショナルで大家選手に勝つなど17歳の伸び盛りの選手ですね。3-0で勝ってほしいところですが、第5試合までもつれこむ可能性も大かなと思います。
大変失礼しました。勝つべき人がきちんと勝ってストレート勝利でした。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。