タイマスターズ2020

組合せリンクページにタイマスターズ2020、エストニアンインターナショナル2020、スウェーデンオープン2020のDRAWSを載せました。

タイマスターズ

タイマスターズの女子ダブルスですが、前のブログで志田・松山ペアがマレーシア、インドネシアマスターズでは2回戦でChen Qing Chen ・Jia Yi Fan(中国)ペアとあたることについて書きましたが、タイマスターズでも1回戦を勝ち上がるとChen Qing Chen ・Jia Yi Fan(中国)ペアと対戦することになっています。芸がないといえばそれまでですが、BWFではその辺の個別事情は考慮しないみたいですね。
男子シングルスでも、マレーシアでは桃田選手と常山選手が2回戦であたり、インドネシアでは1回戦であたることになっています。タイマスターズでは1回戦で常山選手と奈良岡選手が対戦し,勝者が2回戦で西本選手とあたることになっています!!
志田・松山ペアには3週連続してChen Qing Chen ・Jia Yi Fan(中国)ペアと対戦するのであれば、1試合くらいは勝てるのではないかと期待したいところです。

なおタイマスターズのDRAWSでは、高橋明日香選手や水井ひらり選手の名前があがっていないので、これから変更があると思っています。

エストニアンインターナショナル

女子ダブルスで大竹・高橋ペアは当然として、宮浦・尾崎ペアもエントリーしています。日本協会がよくする、混合ダブルスの女子選手どうしでペアを組むパターンですが、ひょっとしてこのペアは機能するのではないかと思っています。

女子シングルスの高橋美優選手、林樂選手、郡司莉子選手は予選からの出場になります。予選は2回戦からですが2試合勝って本選に進めます。若いから問題ないと思います。

大家夏稀選手、仁平菜月選手は本選からになります。第1シードはエストニアのKristin Kuuba選手、第2シードはアメリカのCrystal PAN選手ですが、日本勢にチャンスは大いにあるように思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。