第28回全国小学生バドミントン選手権大会結果

先ほど4日間の熱戦を終え、優勝者が決定しました。写真は、22日の団体戦の時の写真です。
男子も含めた、BEST4の選手リストはこちらから。さらに種目別のトーナメント表まで見れます。

女子個人戦

優勝 準優勝
なまえ クラブ なまえ クラブ
6年生以下S 東谷悠妃 旭川忠和 白川菜結 大森ジュニア
5年生以下S 畠山想来 ハイタッチJBC 田村美月 東光小少年団
4年生以下S 阿波芽衣咲 岡垣ジュニア 芳賀凛歩 石巻ジュニア
6年生以下W 石井空
田上凛
PEACE 栄代結子
本田乙葉
美川湊ジュニア
5年生以下W 山北莉緒
長谷川葉月
鶴ヶ島 木村ひなの
鈴木愛香
横倉ジュニア
4年生以下W 梅澤唯花
吉野羽都希
練馬アドバンス 中村羽奈
青山ひかり
ハルトノ
6年生以下シングルス

東谷選手は、昨年5年生以下のシングルスで優勝しているので連覇になります。
白川選手との決勝戦はファイナルゲーム中盤までシビアな競り合いが続いていましたが、最後は一気に突き放しての勝利となりました。コートを大きく使う展開と気合で勝利しました。
全小で4年生、5年生、6年生と3連覇を果たした選手には、松友美佐紀選手、山口茜選手(3年生からでているので4連覇)、仁平菜月選手、郡司莉子選手、杉山薫選手、吉川天乃選手、樋口吹羽選手がいて、5年生、6年生と2連覇した選手は2000年以降では、高橋礼華選手、高橋明日香選手、岩戸和音選手など錚々たる選手がいます。東谷選手、4年生の時は準優勝でしたので、3連覇並みの実績として誇れるのではないかと思います。
東谷選手の所属する忠和クラブは旭川市にありますが、旭川はジュニアのバドミントンが盛んなところです。(小学校にクラブがあるのでしょうか、5年生準優勝の田村美月選手も正式には旭川東光小学校少年団に所属しています。)忠和クラブの先輩には日立化成の舟橋佳歩選手がいますね。

白川選手は昨年準々決勝で東谷選手に負けており雪辱とはいきませんでしたが、今年は体も成長して力強さを増した感があります。3位には文元日菜選手と平田涼選手が入りました。神尾朱理選手と阿部凛選手が準々決勝で姿を消したのは少し残念でした。

東谷選手(旭川忠和クラブ)
東谷選手(旭川忠和クラブ)
白川菜結選手(大森ジュニア)
白川菜結選手(大森ジュニア)

 

6年生以下ダブルス

石井空・田上凛ペアも昨年の5年生以下ダブルス優勝ペアなので2連覇になります。相手のペアに比べると体は小さいですが、動きはダイナミックで強さを感じました。
栄代結子・本田乙葉ペアは団体で石川県を準優勝に導いた立役者のひとりですが、昨年の準決勝の雪辱を果たすことはできませんでした。卒業後、このまま美川中学に進学するのであればまた美川中学は強くなると思います。

1月20日から23日まで2020年U16の日本代表選考合宿がありますが、要綱には、「全国小学生大会の結果で若干名追加。」とあります。今大会の成績優秀者から誰が追加召集されるか楽しみです。
代表選考合宿要綱

5年生

シングルスで優勝した畠山想来選手、3位の永渕友梨華選手は、U13の日本代表に選ばれています。

ダブルスは埼玉県鶴ヶ島クラブの山北莉緒・長谷川葉月ペアが優勝しました。山北莉緒選手は、山北奈緒選手、山北眞緒選手3姉妹の一番下の選手ですね。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。