第70回全国学生バドミントン選手権大会 準決勝、決勝

女子シングルス決勝
香山未帆選手(筑波大学)が2-0で池内萌絵選手を破って2連覇を果たしました。強いですね。来年4人目の3連覇達成なるかが注目されます。香山選手は岡山県出身、池内選手は島根県出身で学年も一つ違いですから、小さい時から中国ブロックで対戦してたと思います。中学時代には池内選手が勝った記録も残っています。

女子ダブルス決勝
朝倉みなみ・斉藤ひかりペア(龍谷大学)が優勝しました。
朝倉・斉藤ペアは1年生の時からダブルスに出場。4年生4回目の挑戦で初優勝です。(2年生準優勝 3年生3位)
関西勢がダブルスをとったのは、1995年の川口桐香・吉富桂子(四条畷学園女子短期大学)以来ほぼ4半世紀ぶりになります。

女子シングルス 準決勝が終了
決勝は香山未帆選手(筑波大学)VS池内萌絵選手(日本体育大学)

女子ダブルス 準決勝が終了
決勝は鈴木・田代ペア(日本体育大学)VS 朝倉・斉藤ペア(龍谷大学)です。

第70回全国学生バドミントン選手権大会

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。