ジュニア育成について

バドミントンマガジン10月号に日本バドミントン協会の銭谷専務理事のインタビューが掲載されていますが、そのなかでジュニア世代の海外遠征の数を増やしていくと明言されています。アジアジュニアや世界ジュニアの成績に危機感を感じているようです。インドネシアやタイ、中国のジュニアの育成状況を考えると、待ったなしだと思います。

事業計画でも、マレーシアインターナショナルチャレンジ、バングラデシュインターナショナルチェレンジ、K&Dグラフィックスインターナショナルチャレンジへの参加が追加されました。

今後のジュニアの海外派遣

10/27~11/3 韓国ジュニアオープン2019 U16 参加予定者
11/10~11/18 マレーシアインターナショナルチャレンジ2019
11/18~11/24 シンガポールユースインターナショナル2019 U16 参加予定者
12/8~12/15 アジアユースU17,U15 U17,U15
12/8~12/15 バングラデシュインターナショナルチャレンジ
12/14~12/23 K&Dグラフィックスインターナショナルチャレンジ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。