第59回西日本学生バドミントン選手権大会

令和元年8月29日~9月6日 於熊本市

試合結果は、リンクページから見にいけます。個人戦はBEST16からの結果しかありません。

女子団体

龍谷大学、関西学院大学、立命館大学、同志社大学がBEST4に進出しましたが、総合力に勝る龍谷大学が優勝しました。BEST8に関西以外では、愛知淑徳大学と金沢学院大学が残りましたが、BEST4に食い込むのは難しかったようです。

女子シングルス

落司実瑠選手、志波寿奈選手、近藤七帆選手、朝倉みなみ選手がBEST4に進出し、決勝は志波選手と落司選手の龍谷勢の対決となりましたが、落司選手が2-1で勝利し優勝を飾りました。準決勝で志波選手に敗れた近藤選手(立命館大学)ですが、今春大学に入り、私が記録を追える大会で団体戦も含めて、龍谷大学の選手に9連勝していましたが、春季リーグで敗れていた志波選手が今回雪辱を果たしています。

近藤七帆選手 対 龍谷大学
春期リーグ戦          5月3日 近藤七帆 2-0 志波寿奈
関西学生バドミントン選手権大会 6月2日 近藤七帆 2-0 端岡里紗
                6月12日 近藤七帆 2-0 黒岩はるな
                6月15日 近藤七帆 2-0 斎藤ひかり
                6月16日 近藤七帆 2-0 落司実瑠
                6月16日 近藤七帆 2-0 朝倉みなみ
西日本学生バドミントン選手権大会(団体戦)
                8月31日 近藤七帆 2-0 生木萌果
西日本学生バドミントン選手権大会(個人戦)
                9月5日 近藤七帆 2-0 青山栞子
                9月5日 近藤七帆 2-0 種岡遥
                9月6日 近藤七帆 0-2 志波寿奈
*個人戦 小林茉菜選手とも対戦しているかもわかりません。

女子ダブルス

ここは龍谷大学勢がBEST4をしめ、朝倉みなみ・斉藤ひかりペアが優勝しました。関西学生バドミントン選手権大会に続いての連覇となります。次は全日本のインカレになりますが、昨年は準決勝で明治大学の上杉夏美・鈴木成美ペアに敗れていますが、今年は優勝して昨年の野田・毛利ペア(龍谷大学)の雪辱を果たせるか楽しみです。

男子

団体戦で、敬和学園大学が準優勝しています。あまり知らなかったのですが、新潟県新発田市にある大学でバドミントンに力を入れているようです。新潟県が西日本というのも違和感がありますが。昨年埼玉栄高校で緑川大輝選手とペアを組んでBWFのジュニアの大会でも活躍していた、中山裕貴選手が入学してポイントゲッターとして活躍しました。団体戦では関西学院大学の戸内選手(関西学生バドミントン選手権大会男子シングルス王者)にも勝利しています。また男子ダブルスでも敬和学園大学の小川・柴田ペアが昨年に続いて優勝しました。強化策が実ってきているようです。
参考 敬和学園大学バドミントン部
   動画を見ると若き武下利一選手が登場します。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。