東京オリンピックランキングポイント 世界選手権終了後

世界選手権

すばらしい成績でした。決勝戦進出10組のうち5組が日本勢、あとは各国1組だけでした。(中国、タイ、インド、インドネシア、デンマーク)
なかんずく保木・小林ペアの2位は圧巻でした。

ランキングポイント

シングルス 試算では 
1 山口茜選手      93,930ポイント
2 Chen Yu Fei選手    92,765ポイント
3  TAI Tzu Ying選手    92,625ポイント
4 奥原希望選手     92,136ポイント
 となり接戦です。すみません訂正します。

ダブルス 試算では
1 永原・松本ペア   98,883ポイント
2 高橋・松友ペア   92,452ポイント
3 福島・廣田ペア   92,052ポイント となり2,3位が接近しました。

公式ポイントは明日発表されます。間違っていたら申し訳ないです。

算定期間中のポイントは

ダウンロードしていただければわかりますが、最終的にオリンピック出場を決めるポイントは、右の2019の列にあるポイントの上位10傑を合計したものになります。まだ4ヶ月たったところですが、10傑に残るのが6,600ポイント以上と仮定して現時点での合計ポイントは

1 奥原希望選手 9,236 6,600 9,350 11,000     合計 36,186
2 山口茜選手  9,180 12,000 11,000        合計 32,180

1 福島・廣田ペア 9,852 7,700 12,000 11,000   合計 40,552
2 永原・松本ペア 10,383 6,600 9,350 13,000   合計 39,333
3 高橋・松友ペア 9,452 10,200 7,700 7,200    合計 34,552

6,600ポイント以上に限らず、右列のこれまでのすべてのポイントを合計したものをBWFは東京オリンピックランキングとして公表しています。
シングルス
ダブルス

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。