東京オリンピックランキングレースが始まりました

第17週終了時点でのランキングでオリンピック出場できるかどうかが決定されるバドミントン競技です。ポイントは過去1年間で得点の高い10大会分が集計されることになるので、昨日のニュージーランド・オープンからスタートとなります。シンガポールオープン以前のポイントは消去されます。

完璧にルールを理解したわけではありませんが、日本の上位女子選手(シングルス、ダブルス)のポイントを計算しました。

ポイント収支表

上位選手のポイント変動です

女子バドミントン ランキング

今回、準決勝に進出した大堀彩選手が高橋選手を抜きました。最近大堀選手の調子が上がっているように思います。一方、高橋選手は昨年ニュージーランド・オープンで優勝していましたから、今年優勝してもポイントは変わらずという厳しい状況ではありました。準々決勝で敗戦したのは中国のLi Xuerui選手ですが、これで高橋選手は、昨年のカナダオープンからLi Xuerui選手に3連敗です。2012年Li Xuerui選手がロンドンオリンピックで優勝した翌年のドイツオープンでは高橋選手が勝っています。次は勝っておきたいところです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。