S/Jリーグ2018 高岡大会観戦記

新しい枠組みで始まった2018年のバドミントンS/Jリーグ。積雪となった富山県の高岡に観戦に行きました。

女子では大きな波乱はありませんでしたが(男子は、NTT東日本が日本ユニシスに勝利した!)、各チームの実力がかなり伯仲しているなと感じました。

そのなかで、日本ユニシスは岐阜トリッキーパンダース、NTT東日本に3-0で勝利。高松ペアや退社した奥原選手が出場しませんでしたが選手層の厚さをみせつけました。

北都銀行は、初日の山陰合同銀行との対戦で冷や汗をかいたかも。第1ダブルスの米元・田中ペアが久後・横山めぐみペア相手に3ゲームめ21-19で薄氷をふむ勝利です。次のシングルは代表入りした山陰合同銀行の漆崎真子が北都銀行の川上紗恵奈を2-0で下し1対1として、北都銀行の永原・松本ペアが横山恵里香、アメリカ帰りの樽野恵ペアを下して2-1で勝利です。両チーム夏の全日本実業団の準々決勝で対戦しており、この時は、第一ダブルスの米元・田中ペア、第一シングルの川上紗恵奈が同じ相手に敗れ、2-3で落としていたので、あわや実業団の再現かというところでした。

再春館製薬所は日立化成と対戦。第一ダブルス志田・松山ペア、シングル仲井由希乃、第二ダブルス小野・山口ペアという意外なオーダー。実は仲井選手、S/Jリーグ初出場とのことで、ちょっとプレッシャーがあったのか十分実力を出し切れなかった感じです。小野・山口ペアは夏の実業団でもペアを組んでいて、本田恵利奈・清水望ペアに2-0で勝利です。

ヨネックスはACT SAIKYO、岐阜トリッキーパンダース相手に3-0,3-0でしたが、ダブルスは4試合とも3ゲーム目までもつれるなど、少しもたついた感がありました。

岐阜トリッキーパンダースは、福島・廣田ペアが怪我のために出場しないということで、苦戦を強いられました。荒木・今井ペアはかなり力をつけていると私は思っていましたが、櫻本・高畑ペアに3ゲーム目20-22まで迫りました。これで福島・廣田ペアが出場すれば、ダブルスだけで勝ち点がとれる可能性もあると思います。

七十七銀行は、新人の嶺井優希選手が河崎選手と組んで(龍谷大学の先輩後輩ペア)、永原・松本の世界王者ペアと対戦しました。負けはしましたが嶺井選手が元気なところをみせていました。

Sブロックは日本ユニシスが頭一つ抜けて、ヨネックスも2勝して余裕ができた。岐阜トリッキーパンダースは福島・廣田ペアが出場できれば、勝ち点2の可能性があり上位の目はありそう。

Jブロックは、今月下旬の北都銀行と再春館製薬所の対戦が注目される。米元・田中ペアが絶好調とは思えないけど、再春館製薬所の第2ダブルスが勝てるかどうか、同じように山陰合同銀行も久後・横山ペアが志田・松山ペアをつぶせば第2ダブルスの戦いになってくる。この3チームが上位争いをしそうな気がする。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。