バドミントン情報(大学生)

地区連盟

 

北海道(ホームページ
東北(ホームページ
関東(ホームページ
中部(ホームページ
関西(ホームページ
中四国(ホームページ
九州(ホームページ

 

選手権

関東
関東学生バドミントン選手権大会(6月20日~7月1日)
要綱
組合せ

結果
Aグループ上位トーナメント
Bグループ上位トーナメント

結果(途中結果)
女子Aシングルス    女子Aダブルス
女子Bシングルス    女子Bダブルス
混合Aダブルス
男子Aシングルス    男子Aダブルス
男子Bシングルス    男子Bダブルス

 

中部

北信越学生バドミントン選手権大会(4月4日~6日)
結果     勝敗表         明細
男子団体1部       1位    敬和学園大学       2位    金沢学院大学
女子団体1部       1位    金沢学院大学       2位    金沢大学

中部学生バドミントン選手権大会(6月6日~10日)
団体戦結果
男子                       1位    敬和学園大学    2位    金沢学院大学
女子                       1位    愛知淑徳大学    2位    愛知淑徳大学
個人戦結果

男子は敬和学園大学が強いですが、女子は金沢学院大学が圧倒的な力を見せています。金沢学院大学はこの2,3年有力な高校生を入学させており、相当実力を上げています。男子はよく見ていないのでわかりませんが、女子は今年のインカレでは団体でベスト8に入ってくる力があるのではないかと思います。

女子シングルス 優勝  縣菜々美選手(岡崎城西高校)   準優勝  五十嵐友実子選手(勝山高校)  3位、4位も金沢学院大学が独占です。
女子ダブルス     優勝  多﨑千帆・松井収那ペア    準優勝  青野希帆・中西玲ペア   3位まで金沢学院大学、4位に敬和学園大学のペアが入っています。多﨑・松井ペアは昨年   のインカレでもベスト8に入っており、2年生ですが今年のインカレも楽しみです。
男子シングルス  優勝  中山裕貴選手(埼玉栄高校)  準優勝  平岡佑太選手(富士見高校)  ともに敬和学園大学。3,4位には金沢学院大学が入っています。中山選手は埼玉栄高校時代緑川大輝選手と組んで世界ジュニアでも活躍していましたが、敬和学園大学に進学して実力校化に貢献しています。
男子ダブルス     優勝    酒井瑛矢・仁平玖央ペア  準優勝  武藤映樹・菊池海聖ペア  ともに敬和学園大学

関西

関西学生バドミントン選手権大会(5月14日~31日)

女子ダブルスで1,2位とも同志社大学でした。龍谷大学が残らなかったのは珍しいのではないかと思います。女子シングルスは、近藤七帆選手、小方里羽選手と指定席になりました。
最終上位結果

5月31日時点結果   
女子シングルスA       優勝    近藤七帆選手(立命館大学) 準優勝    小方里羽選手(龍谷大学)
女子ダブルスA           優勝    山部日菜子・藤本未侑ペア(同志社大学)    準優勝    播摩朋奈・東美衣奈ペア(同志社大学)
女子シングルスB        優勝    山本鈴乃選手(龍谷大学)    準優勝    五十嵐ゆい選手(大阪教育大学)
女子ダブルスB            優勝    森小遥・松原風香ペア(関西外国語大学) 準優勝    武村夏生・日浦杏ペア(大阪大学)
男子シングルスA        優勝    西大輝選手(龍谷大学)      準優勝    宇治夢登選手(龍谷大学)
男子ダブルスA           優勝    甲斐聡一郎・神山新悟ペア(関西学院大学)   準優勝    西大輝・宇治夢登ペア(龍谷大学)
男子シングルスB        優勝    渡邉天斗選手(同志社大学)    準優勝    沼田慧和選手(大谷大学)
男子ダブルスB           優勝    川田凌・内藤慶誠ペア(龍谷大学)  準優勝    船越颯真・村上亮太ペア(関西福祉科学大学)

組合せ

中四国

中四国学生バドミントン選手権大会(7月4日~8日)
要綱

中国学生バドミントン選手権大会(8月19日~22日)

九州

九州学生バドミントン選手権大会(6月19日~23日)
団体戦結果
団体戦詳細

要綱

 

春季リーグ(2022年)

 

北海道

要綱・日程

東北

要綱・日程

関東

日程
女子1部メンバー表    2020関東1部(春)
女子2部メンバー表    2020関東2部(春)
結果                              公式女子1部       公式女子2部

入替戦
青山学院大学(1部) VS  日本大学(2部)は3-0で日本大学が勝ち昇格を決めています。2部は東海大学が残留を決めています。

2日目
1部    筑波大学    3-2    早稲田大学    法政大学    5-0    青山学院大学    日本体育大学    4-1    明治大学
中原鈴選手(筑波大学)、中澤里奈選手(法政大学)が1年生初勝利をあげています。早稲田大学吉田瑠実選手が筑波の染谷選手にシングルスで勝って、石橋結子選手と組んだダブルスでも買っています。吉田・石橋ペアは強くなりそうな気がします。

2部    日本大学    5-0    東海大学    専修大学    3-2    東京女子体育大学    立教大学    3-2    大妻女子大学

1日目
1部  筑波大学     4ー1    青山学院大学    法政大学    3ー2    明治大学    日本体育大学    3ー2    早稲田大学

1年生3人がシングルスに登場。筑波大学の中原鈴選手は青山学院大学の草野真央選手に1-2で、明治大学の田代葵楓選手は法政大学の宮崎淳美選手に0-2で、早稲田大学の石橋結子選手は日本体育大学の神山歩美選手に0-2で敗れています。強い先輩とあたって洗礼を受けたというところでしょうか!

2部    日本大学    5-0    東京女子体育大学    大妻女子大学    3-2    専修大学    立教大学    3-2    東海大学

専修大学の1年生御後あやか選手は、大妻女子大学の日下智晶選手に0-2で敗れています。1年生で最初に誰が勝ち星をあげるか楽しみです。

 

関西

日程    2022春関西1部日程
組合せ
日程
女子1部、2部  4月30日    5月5日    5月7日    5月8日    5月10日
女子1部メンバー表    2022関西1部(春)
結果

1~3部最終結果

1~3部明細

1部  上位リーグ

龍谷大学 同志社大学 立命館大学 京都産業大学
龍谷大学 ******** 4-1 3-2 5-0
同志社大学 1-4 ******** 3-2 4-1
立命館大学 2-3 2-3 ******** 4-1
京都産業大学 0-5 1-4 1-4 ********

1部下位リーグ

関西学院大学 甲南大学 天理大学 関西大学
関西学院大学 ******** 3-0 3-2 4-1
甲南大学 0-3 ******** 3-2 4-1
天理大学 2-3 2-3 ******** 3-1
関西大学 1-4 1-4 1-3 ********

1部2部入替戦

関西大学(1部)        3-2   神戸学院大学(2部)    関西大学残留
天理大学(1部)        3-1   武庫川女子大学(2部)天理大学残留
大阪成蹊大学(2部)   棄権    園田学園大学(3部)園田学園大学2部昇格
羽衣国際大学(2部) 3-1  大阪産業大学(3部)羽衣国際大学残留

 

1部1次リーグA

龍谷大学 同志社大学 関西学院大学 関西大学
龍谷大学 ******** 4-1 4-1 5-0
同志社大学 1-4 ******** 3-2 5-0
関西学院大学 1-4 2-3 ******** 4-1
関西大学 0-5 0-5 1-4 ********

1部1次リーグB

立命館大学 京都産業大学 甲南大学 天理大学
立命館大学 ******** 4-1 4-1 5-0
京都産業大学 1-4 ******** 4-1 4-1
甲南大学 1-4 1-4 ******** 3-2
天理大学 0-5 1-4 2-3 ********
中四国

結果   (詳細はありません)
入替

九州

要綱・日程

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。